思ったままに生きていく

韓国・K-POP・コスメ好きのひとりごと

映画「リメンバー・ミー」を見た話

映画「リメンバー・ミー」を見ました。
前回見た「シェイプ・オブ・ウォーター」と同じく、渡韓の際のフライトで見ました!

リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック

リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック

 

 「トイ・ストーリー3」でアカデミー賞を受賞したリー・アンクリッチ監督が、陽気でカラフルな「死者たちの世界」を舞台に描いたピクサー・アニメーションの長編作品。日本におけるお盆の風習にあたるメキシコの祝日「死者の日」を題材に、音楽を禁じられたギター少年ミゲルの冒険や家族との強い絆を、数々の謎と音楽を散りばめながら描いた。物語の鍵を握る劇中歌「リメンバー・ミー」の作詞・作曲を、「アナと雪の女王」の「レット・イット・ゴー ありのままで」を手がけたクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペスが担当。第90回アカデミー賞では長編アニメーション賞および主題歌賞を受賞した。天才的なギターの才能を持つ少年ミゲルはミュージシャンを夢見ているが、過去の悲しい出来事が原因で、彼の一族には音楽禁止の掟が定められていた。ある日ミゲルは、憧れの伝説的ミュージシャン、デラクルスの霊廟に飾られていたギターを手にしたことをきっかけに、まるでテーマパークのように楽しく美しい「死者の国」へと迷いこんでしまう。ミゲルはそこで出会った陽気で孤独なガイコツのヘクターに協力してもらい、元の世界へ戻る方法を探るが……。

 

▼映画.comのレビュー

eiga.com

やっぱり、最近のディズニー映画は音楽がいいですよね。
ディズニー映画ではないですけど、「グレイテスト・ショーマン」も音楽がよくて、サントラがすごくヒットしているイメージがあります。私も映画見た直後、リピートしまくってました。

 

これまた「シェイプ・オブ・ウォーター」と同じく、一緒に行った友達も見たらしく、「両隣が知らない人なのに、めちゃめちゃ号泣した」と言ってました。(※行きは席がバラバラでした)

それを聞いて「ふーん。めっちゃいいじゃん。」と思って、帰りのフライトで見ました。

いい話だとは思いましたが、わたしは号泣しませんでした。ジーンとくるシーンはありましたけど。

なんでだろう、わたしってなにか欠落してるのかなあなんて考えてました。
この映画は、家族か自分の夢かを選ぶという主題があると思うんですが、そういう家族に夢を反対される、とか絶対叶えたい夢があるっていう経験がないからかなあと。ネガティブな意味ではなく。


ディズニー映画でいろいろ難しいこと考えないほうがいいですね。サントラ聴きます。

 

おわり